子供を2人育てていますが、普段から自宅に置いてあっていつでも食べられるお菓子を取り合ってしまったり、あまり会う機会が多くない方とも物の取り合いをする様子が気になっていました。

他の子供達を見ているとお互いに譲り合ったり、初対面である場合には初期段階では近い距離で接しない様子が顕著だったので我が子の様子が気になったため、児童発達支援に長けている施設にて相談したところ発達障害と教えてもらえました。

物を取り合いになったり初対面の方に対しても譲らないのは独自の特徴であると教えてくれたのと共にABAという方法も教えてくれて、取り分けて準備する物事が無かったため早速行いました。

これまでに実際に取り合いに発展した事例があるお菓子のシーンでは、予め人数分のお菓子を用意しておいてしっかりと行き渡るようにしました。

発達障害なので、人数分のお菓子が用意されていても1人で複数個を手にしてしまう事も稀有ではないのですが、複数個を手に取ってしまった時には手にしていない子供がお願いし、受け渡してくれた時にお礼を言う事で解決に繋げられました。

しかも、分けてくれた時にお礼を言う事で子供にとっては皆が1つずつ手にする事で嬉しい気持ちになると理解できるきっかけにもなったので、以後は1人で複数個のお菓子を手にする事も無くなりました。

現在ではABAにより周囲に気が配れる様子になり、一緒に遊びたいと行ってくれる友人も増えてきています。
てらぴぁぽけっと三郷駅前教室

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。